投資信託を用いた資産形成

資産形成というのは、多くの人にとって大きな課題の一つかと思います。仕事をしている間は良いですが、定年などによって退職した後の生活を考えると、ある程度の資産を持っていなければなりません。そこでここでは、資産形成の方法の一つとして、投資信託について考えていきたいと思います。
投資信託という名前は聞いたことがあるという人が多いと思いますが、実際のところこれがどういった投資方法なのか、というのはあまり分かっていない人も多いのではないでしょうか。投資信託というのは簡単に言えば多人数の投資家からのお金を一箇所に集め、これを利用して投資を行うことで運用益を出し、その上で投資割合に応じた分配を行う金融商品のことを指しています。
ファンドと呼ばれる場所がこの投資信託を行っている場所だと考えて頂ければ良いでしょう。ただし、日本において投資信託と名乗ることができるのは投資信託及び投資法人に関する法律に則っているものであり、これに則っていないものは投資信託と名乗ることは出来ません。
投資信託は個人でもできる資産形成の方法としては代表的なものの一つで、多くの人によって利用されていると言えます。具体的にはより細かい分類も存在しています。

【参考】高岡氏の金融業界に関するコラム(更新)

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS
Read Comments

Leave a Reply